読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の感覚を信じて

約2年半前に、別のブログでツインレイと思われる人と出逢いました。

 

当時相手は既婚かわかりませんでしたが、私よりもだいぶ年の離れた(上)人だという事はわかりました。

 

私は現在、小中学生の子供がいる既婚者で、当時は一線を越えてはならないという想いで、必死に自分の気持ちを抑えてブログでのお付き合いをしていました。

何よりも、その人が撮る写真を見ると心というか魂が震えるような感じで、毎晩毎晩涙が止まらなくなり…

ブログの写真を見ては夜中に大泣きしていました。

 

出逢って2ヶ月もしないで、その人はブログを閉じ、私は最後まで自分の記憶をその人に残したい一心でコメントをたくさんしていました(笑)

今思えば、当時の私はいつになくとても頑張っていたと思います。

 

それと同時に、当時その人には最愛の女性がいて…

その最愛の女性も同じ時期にブログで知り合った人でした。

その二人のやり取りを見ていて、絶望的になりながらも、私は既婚者だから諦めるしかないと流れに身を任せてお別れになりました。

 

その後、私はずっと心の奥でその人を想いながら、学生の頃からの夢だった職業に就き、天職だと生き甲斐を感じながら毎日毎日必死で過ごしていました。

でも、その職場環境はとても酷く、いわゆるお局様のいじめですぐに辞めさせられてしまうような環境でした。

 

私はやっとの思いで天職と思える職に就け、意地でもスキルを身に付けるまでは辞めない!と、いじめに遭いながらも3ヶ月頑張って続けました。

その間、私はお局様に立ち向かい、結局お局様は辞めていき…その職場環境は良くなったと思います。

でも、私は逆恨みされてしまい、命の危険も考えて、苦渋の選択でその職場を辞めました。その後は転職活動と私の収入がない生活で、八方塞がり状態で毎日とても苦しい思いをしながら過ごしていました。

 

その後、諦めずに転職活動をした結果、2ヶ月後に転職が決まりました!

その転職先は現在の職場になります。

 

転職後も引き継ぎがたった2週間しかなく、大まかに引き継いだだけだったので、いざ一人で業務をこなすとなったら何もわからず、パニックになりかけながらも必死にこなしていきました。

 

その転職先での業務も落ち着き、自分の誕生日が近付く頃に、突然お別れになってしまった人が私のブログに現れたんです。

初めはハンドルネームも変わっていたので全く気付かず、見過ごしていましたが…

 

ある時その人が気になり、ブログを覗いてみると…

過去の記事があって…

思い出の写真などもたくさんあり、その人だとやっと気付きました。

 

ここで、再会とも取れるのかな??

と思いましたが…

その後に本格的に男女のお付き合いが始まり、ツインソウルという言葉にたどり着く事になりました。

お互いの誕生日から始まり、名前やお互いの家族を教え合ったり…

18歳の年の差も全く気にならず、2度と離れたくないとずっとずっとお互いに言い合っていましたが…

世間的にはツインソウルなどという言葉は知られておらず、理解もされるわけがなく、単なる不倫としか捉えられないことに苦しみ、お互いに相手への愛が大きくなるにつれ、だんだんと関係がぎごちなくなっていきました。

その頃から、その人はほぼ1ヶ月間体調不良を起こしていて…

それは覚醒の症状なのかな?とも思っていましたが、その人は霊性な事に関して否定的で、意見の食い違いも多発していました。

 

ブログでの再会から、相思相愛で誰にも邪魔できないと言うほどの大きな愛で固く結ばれていると信じていましたが…

このままではお互いが変わらないと思い、本心は離れたくないのにも関わらず、本当にツインソウルならまた再会出来ると信じて別れを 選んでしまいました。

 

そして、サイレント期間というとても苦しく辛い時期を過ごす事になりました。

私から別れを告げましたが、どっちがランナーでチェイサーかわからない感じです。

 

突然ランナーが消えたわけでもなく、今でも別のブログではお互いに見られる状態で…

 

でも、離れたあとは私は完全に拒否されていて…

きっと私がチェイサーなんだろうと思っています。

 

ツインソウルでもなんでもない!!とか

初めて会った時に感じた手の感覚(微弱な電流が流れたような)は全部気のせいだよ!

とも言われましたが…

私にしかわからない感覚なので、いくら否定されても自分の感覚を信じています。