愛しているという気持ちしか残らない

結局、二度と思い出したくないと思えば

思うほど…

どうしてこんなにわざわざ見せてくるの?

と気が狂ってしまうくらい

あなたの誕生日や名前が勝手に目に入る

ようにされてしまうんだ…

 

逃げようがない

 

そして、朝起きると、死んでしまいたいと

いう念にも近い感情に包まれていて。

これって、あなたの感情??

私は忘れたい、思い出したくない!!と

強く願っているのに💧

 

仕方がないから、諦めて連絡を

しようと思うんだ。

もう、この苦しみから解放されたい。

 

一人芝居みたいだけど、苦しいの。

 

それで本当はどうしたかったのかを

探ると…

 

あなたがいつまでも向き合ってくれない

なら…

『二度と思い出したくない、忘れたい』

 

そういう事なの。

 

そして、もっと探っていくと…

純粋な気持ちにたどり着くんだ。

 

『一生あなたと生きていく』

 

そう口にしたら、自然と涙が流れてきた。

これが、私の本心で覚悟を決めた気持ち

なの。

 

あなただから、忘れられなくて苦しむの。

あなただから、記憶から消せないの。

 

一緒に過ごした時間は他の人では

埋められないほどの幸福感で

他の人をあなた以上に愛する事は出来ない

 

何度も何度も他の人を愛せるんじゃないか

と過ごしてきたけど…

もう、いくら頑張っても無理なんだ。

それが悲しくて。

 

あなた以外に本気で愛せる人は

いません。

だから、不倫をしてまでもあなたと

結ばれたいと行動したんだよ。

私は、プライベートで旦那以外の男性とは

会話すら遮断するほど避けていたの。

話したくないって。

 

でも、あなたは違ったの。

何があっても結ばれたくて、危険なんて

省みずにあなたとの愛に飛び込んだの。

それだけの覚悟を決めての行動だったの。

そんな覚悟を決められたのも

あなただからなんだよ。

 

魂がそうさせた…

それ以外に理由なんてわからない。

どうしようもなく愛していて、

二度と離れたくなくて…

ずっと一緒に居たいと思っていたの。

だから、あなたに告白をして、僕もだよ…

と言われた時は、初めて恋が実ったような

高揚感と幸せに包まれたの。

 

毎日毎日、たわいもない会話なのに

何時間もラインをして…

あなたの会話にときめいて、

あなたの本来のカッコ良さにうっとりして

幸せな気持ちで過ごしていたの。

 

それが当たり前になっていたというより

私があなたの愛に気付けていなかったの。

私が心を閉ざしていたから。

 

こんなに愛してくれていたのに

あなたの愛を信じていなかったのかも

しれない。

本気で愛される事がこわかったの。

だから、逃げたくなったの。

毎日毎日一緒にいたいと思っていたのに

愛されるという事を知らなかったから

本気で愛されると感じたらこわくて

逃げた。

 

でも、今ならわかるよ。

どんなに酷い事を言われても。

あなたも本心が言えないだけで

愛しているという言葉がひっくり返って

憎まれ口になっているって。

 

素直になることはこわいと思う。

でも、素直になると苦しみから解放される

事を知ったの。

 

私は一生あなたと生きていく

 

それが素直な気持ちです。

逃げるから苦しくなるって

やっとわかった。

ひねくれて、忘れたいと思っても

苦しめられるだけだってわかった。

 

 

だから、

愛しているという気持ちしか残らない。